派遣のメリット、デメリットとは?

派遣のメリット、デメリットまず、派遣を受け入れる企業のメリットは新規で新入社員を雇うより、新人研修の時間や繁忙期にだけ派遣を雇う等で閑散期の人件費も抑えられます。
雇用形態として、社会保険や雇用保険がない場合も多いのでその費用も抑えられます。
デメリットは、人により作業速度にばらつきが大きいことぐらいです。
次に、派遣先で働く人のメリットは社風や会社の人間関係を実際に見られるのと、比較的楽に就職が決まる事です。
デメリットは長期で働くつもりなら、いつ解雇されるかわからない為、雇用が安定しない。
閑散期だとベテランさんに仕事を回す為、仕事自体がないという会社も多いです。
基本的に受け入れ先企業の社員ではやりたくない、やらせたくない仕事が多いため、仕事量の割りに時給が低い企業が多いです。
すべての企業とはいいませんが、ほとんど受注されない簡単な作業を誇大に宣伝している企業もあります。
最近話題のブラック企業、若者の使い捨て企業が多いのも否めません。
20代で社会経験を養うのには打ってつけかもしれません。
将来の構想を視野に入れて自分のスキルアップを目指すのが賢い使い道です。
ランスタッド単発求人の質はどう?評判の派遣会社研究!【登録はこちら】